小沢一郎事務所「安倍政権の傲慢は参院議長にまで感染してしまった。」議長自ら議事予定外の発言を行う。

th3_as20170216004816_comml

自民党の吉田参議院幹事長は、記者会見で15日の参議院本会議で、伊達議長が議長席から「北海道新幹線が入っていないじゃないか」と、議事として予定されていない発言を行ったことについて、緊張感を持って議会運営を行うよう苦言を呈しました。
伊達参議院議長は、15日の参議院本会議で、自民党の議員が新幹線の全国的な整備を求めることなどを質問したあと、議長席から「北海道新幹線が入っていないじゃないか」と、議事として予定されていない発言を行いました。

これについて自民党の吉田参議院幹事長は記者会見で、「野党からも、抗議やいろんな意見もあるので、真摯(しんし)に受け止めていかないといけない。議長ご自身が、しっかりと緊張感を持って議会運営をしていただきたい」と述べ、伊達議長に苦言を呈しました。

また吉田氏は、こうした考えを17日、伊達議長に電話で伝え、伊達議長も「しっかりと緊張感を持って、公正公平な国会運営をしていきたい」と述べたことも明らかにしました。

全文を読む