教育勅語の何が悪い?さらっとおさらいしてみた。

最近は森友学園と同時に、稲田防衛相が教育勅語は素晴らしいなんて言ってますが、何が素晴らしくて、問題なのか改めておさらいしてみました。

原文は読めないので、現代語訳版

私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。
そして、国民は忠孝両全の道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、見事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。
国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じ合い、そして自分の言動を慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また、法律や秩序を守ることは勿論のこと、国家に非常事態発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。
そして、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるだけでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。
このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、この教えは、昔も今も変わぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、間違いのない道でありますから、私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。

引用元

稲田防衛相のように、とてもいい事言っています、っていう人はきっと赤字の部分を見ているんでしょうね。確かに、親孝行し、兄弟姉妹力を合わせ、夫婦仲良く、友人と信じ合い自分を抑え、愛の手を差し伸べ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、自ら社会公共のために貢献し、国と平和の安全に奉仕とものすごくいい事が書いてあるように見えます。

が、問題は青字しなければなりません。善良な国民としての当然の務めである。子孫の守らなければならない。・・・これ、命令形です。

赤字の内容が全部自然と自分の意思でできる人は、とても素晴らしい模範人間だと思います。しかし残念な事に、命令形、模範的な人間にならなければならないんです。国のために。

つまり、国の模範的な奴隷になれと、それが教育勅語という事であります。

根本的に奴隷的な考え方なので、教育勅語を推進してきたような人が、他人に強要している間はいいですが、自分が窮地になると、

th3_c6dbvp_vqaao4nb

基本的人権とか、人権侵害とかおかしな事を言い始めるのであります。国のために模範的な人間にならなければならにはずなのに。