籠池理事長代役菅野氏「たかが安倍。森友学園問題は、内閣が二つぐらい吹き飛ぶ真相がある。」【アッキード事件】







コメント

  1. 1: Real 2017/03/17 11:55:20 ID:3cdce5932

    本件の真相は何であろうか?
     問題の主である籠池氏は普段から夫人とともに『通名』を使用するなど、一般的な日本人ならやらないようなことを平気で行っている。なんとも胡散臭く腑に落ちない。もしや、本件は長年をかけて用意周到に練られた日本沈没のための『反日工作』かもしれない。
     それでは『長年にわたる反日工作』とは何か?

     ① 年月をかけて周囲に対し自らの信条が『右傾』であると信じさせる。
     ② 本心は反日・保守政党へのダメージ(革新与党の誕生)であるので、周到な工作を開始する。
     ③ 機を見て自ら今回の如き問題を生き起こし、与党自民党へのダメージを目論む。
     ④ 与党による政治関与について数々の偽装を行い自民党を不利な立場に追い込む。

     このような計画がじわじわと進行していたらどうであろうか?
     稲田氏が弁護人になっていた裁判の問題…。あれほど本人が忘却してしまうことなどあるのだろうか?当該裁判の弁護人出廷記録は偽造かもしれない。安倍総理の寄付については全くのでたらめで、籠池氏は当初より国会に招致されることを、そしてその場で与党の足を大きく引っ張ることを計画していたのかもしれない。そうならば夫人も息子も『グル』である。

     もしかすると本件の背景には反日左翼や一部野党党員が絡んでいるかもしれない。本件は発覚の経緯もその後の進行や報道の在り方も何か不自然で『腑に落ちない』ことが多すぎるのである。

     反日へのトラップ、トリック…そうなら今すぐに『歯止め』をかける必要がある。