早稲田大が安倍晋三記念特別枠が設置されていると話題にwwww

th3_k5ydw5cb

この秋に実施する基幹理工学部の2018年度入試から導入し、募集人員は最大10人程度。学部3年生までは西早稲田キャンパスで学び、4年生から北九州キャンパス(北九州市若松区)に移って卒論研究を行うことが前提条件となる。

早大は地域限定の入試の意義を「近年、東京近郊からの入学者が7割を占める中、地方出身の人材を集めれば学内に多様性が生まれる。卒業後は地元に戻すことで地域貢献にもなる」(広報課)と説明するが、不可解なのは指定校の対象地域だ。

早大側は「北九州地域連携型推薦入試」と銘打ちながら、なぜか安倍首相の地元・山口県を選んでいるのだ。

「1月に北九州市役所で行った発表会見で、早大の橋本周司副総長が『想定している対象地域』を質問されると、『九州北部と山口県』と答えたのです。具体的な県名をあげたのは、山口県だけでした」(地元記者)

■反骨どころか権力とズブスブ

日刊ゲンダイが早大に改めて対象地域を確認すると、「九州北部が具体的にどの範囲を指すのかは、これから決めます」(広報課)と言うのである。山口県だけ早々と決まったわけだ。

文科省の組織的な天下りあっせん問題も発端は、早大だった。政府の再就職等監視委員会の調査にも文科省と口裏を合わせて虚偽の説明にまで手を染めた。

09年度から昨年度まで各省庁から途切れることなく、天下り官僚を受け入れ、昨年度の国からの補助金交付額は日大に次ぐ約90億2000万円と突出している。

「在野精神」の看板もすっかりはげ落ち、「反骨の魂」どころか、権力とはズブズブの早稲田。ひょっとして新たな入試制度は「安倍晋三記念」推薦枠の意図でもあるのか

「山口県は北九州キャンパスから距離的に近いだけ。政治的配慮は全くありません」(広報課)

安倍の後援者の子息に理系志望の高校3年生がいるなら、受験をお勧めする。

全文を読む