【森友学園】藤井元財務相・石破茂「籠池氏信憑性高い。昭恵夫人を証人喚問すべき」

「財務省は返り血を浴びる」
元財務官僚。財務(大蔵)相を3度務めている。自らの戦争体験に照らし、安倍氏の右寄り歴史観に一貫して懸念を表明してきた人でもある。森友問題と安倍政治の関連をどう語るか。聞いてみたかった。

まずは、財務省という役所についてである。9億円の国有財産を1億に値切る。そんなに融通無碍(むげ)なところなのか。

その正反対だ。役人というものは世間でいう頑迷固陋(がんめいころう)なもの。前例を大事にする。逆に融通を利かすことには大きな抵抗がある。私の経験で言えば、特に財務省はそういう役所だ。そういうことからすると今回、財務官僚たちが独自に判断したとはとても思えない」

財務官僚が忖度した、と言われるが?

忖度以上のものがあったのではないかと疑う。忖度というほど役人は頭が柔らかくない。どこかから圧力があったのではないか。(圧力をかけた)許しがたい人がいるのではないかと思う」

この手の案件は通常どう処理されるのか?

「一言で言えば、国有財産をまけろ、という話だ。まっとうな近畿財務局長なら本省理財局長に、まっとうな理財局長なら財務相に相談するだろう。私が財務相だったら、こんなバカなことが何で許されるのか、と必ず言う。先輩の大平正芳さん(元蔵相・首相)、福田赳夫さん(同)らもこんなことは許さなかっただろう」

だが、結果的にことが起きてしまった。発覚後の対応としてはどうする?

「即刻是正しろ、と言う。これがまかり通ったら、財務省は世の中の信頼を全く失うんだよ。税金を徴収する役所だよ。消費税どころではなくなるぞ、と」

どうやって是正する?

「そのやり方は君らで考えろ、と」

役人や大臣の責任が問われる、という形で財務省が返り血を浴びる可能性もあるのでは?

「仕方がない。それが公務についているものの責任だ」

先輩として財務官僚に言いたいことは?

「今の政権が長続きする、という空気があったとしても、もう少し財務官僚として筋を通してほしかった。正しいことをやる、クビになってもいい、というぐらいの気持ちでやらなければダメだ、と言いたい」

安倍政権下で不興をかこつ財務官僚だが、むしろそれゆえに毅然(きぜん)と政治に立ち向かう気骨を見せてほしい、ということだろう。藤井氏の出身母体に対する強い気持ちが伝わってくる。一種、官僚のあるべき姿論である。

ただ、藤井氏がそれ以上に強調したのは教育問題のほうだった。同氏にとって森友問題の本質は、国有地をめぐる疑惑以上に、幼児に教育勅語を暗唱させる戦前回帰的な時代錯誤教育が、時の政権の歴史観と共鳴する関係の中で生まれてきた、という点にあった。

全文を読む