【知らぬ】【森友学園】松井知事「大阪府に責任はない。」【存ぜぬ】

 31日、大阪府の松井知事が大阪W選以来、1年半ぶりにMBSのスタジオを訪れました。森友学園をめぐり籠池氏から名指しで批判され、総理との関係にもすきま風が吹き始めたとも言われる渦中の人物。MBSで何を語ったんでしょうか。

31日午後、約1年半ぶりにMBSを訪れた松井知事。

 「はしごを外されたと感じ、怒りを覚えた政治家は?」(山本太郎参院議員)
 「大阪府知事です」(籠池泰典理事長・当時)

籠池氏からは名指しで批判され…

 「これは松井一郎知事がおっしゃってるんですがね、こちら側に責任が振られてきてるんですけど」(自民党 西田昌司議員)

責任をめぐり国との泥仕合も。

「国の方がどうしても大阪府の責任だとしたい理由は、総理が強弁をしているからですよ」(大阪府 松井一郎知事)

親密だった安倍総理とも不仲になってしまったのか。MBSで何を語ったんでしょうか。

「僕の中ではすっきりしててね、人間社会においては忖度はあるということですよ」(松井一郎知事)

<小学校認可と“忖度”>
森友学園が豊中市に建設を予定していた小学校。認可をめぐってはいくつもの「特別扱い」がありました。もともとは小学校をつくる資格がなかった森友学園。6年前に規制緩和を申し入れ翌年、実現したことで国有地の取得を申し出ます。2014年10月に認可を申請、12月にその是非を判断する私学審議会が開かれましたが、このときは経営状況に懸念があるとして継続審議となりました。

ところがわずか1か月後、引き続き懸念の声があったにもかかわらず私学審は認可適当、つまりGOサインを出したのです。「特別扱い」の背景に何があったのか。松井知事は自身の関与を否定したうえで、私学審議会や府の職員による「忖度」の結果だと強調しました。

Q.森友学園のことはご存じなかった?
「ないですよ、お会いしたことはないですし、話したこともない」(松井一郎知事)
Q.学校のことも知らなかった?
「知らなかった」
Q.森友学園が土地を持ってないのに審議したのは異例の対応
「土地を持っていないのに私学課がみなしたということ」
Q.それも異例な対応じゃないですか
「異例というより判断のミスですよ。大阪府の方は私学審の梶田会長が言うように、そういう空気を読んでいたのは事実です。だから僕は良い忖度、悪い忖度があると」
Q.それは悪い忖度では?
「いやそうですかね、悪い忖度というのは違法だったり、訳のわからないお金をもらって贈収賄があったり、これはダメですよ。でも世の中に忖度はあるわけですよ、人間社会」
Q.何で親切にしたのですか?忖度の中身は何ですか?
「ホームページにすごく安倍総理と親しいと思わせぶりがあり、天皇陛下もお寄りになっていると、パンフレットでも(安倍昭恵さんが)名誉校長だと」

<安倍総理との関係が悪化?>
先週「総理自身が火に油を注いでいる」と安倍総理を批判した松井知事。この問題をきっかけに不仲になってしまったのでしょうか?

「国会で関与していれば総理を辞める、議員も辞めると言った。(森友学園と)関係あるのは事実ですよね。安倍総理は籠池さんとやり取りはあって、奥さんは名誉校長に就任された。関係あることと、不正に関与したかは別。僕は関係あるときちっと認めていただいて、不正は関与してないと証明されればいいと思う」(松井一郎知事)
Q.安倍首相を批判した影響は?
「全くないです」

<籠池氏に応援されていたのでは?>
2011年、大阪府知事を辞めた橋下徹氏が市長選挙に打って出た際の映像。商店街を練り歩く橋下・松井両氏のそばに、あの人の姿がありました。籠池泰典前理事長です。その後ろを歩くのは妻の諄子氏。2人は何度もカメラに映りこみ、橋下・松井両氏に合わせて商店街を移動しているのがわかります。そして練り歩きの最後に諄子氏から応援を受けた橋下氏。

「ガンバレー」(籠池諄子氏)

この時、籠池氏と一緒にいたのが自民党の故・畠成章元府議です。

Q.畠さんは維新の立ち上げで重要な方では?
「違いますよ。維新の立ち上げとか維新の運営に積極的に協力してもらったことはありません。W選の時に商店街の会長、理事長は確かに紹介してもらいました。でもそれは僕は覚えてなかった」(松井一郎知事)
Q.籠池さんは畠さんを通じて橋下さんに近づこうとしたのでは?
「維新の考え方を応援していただいた認識はあったと思うけど、直接お会いしたことはないと思いますよ」

約1時間、饒舌に語り続けた松井知事。時折笑顔を見せる余裕ものぞかせました。

全文を読む