安倍内閣終了のお知らせ?自民内部から倒閣の動きが活発と話題に。麻生氏が動き始める。

【森喜朗氏のようなキングメーカー狙う麻生太郎氏】
真相は不明だが、麻生氏のただならぬ動きは、大宏池会構想にもあらわれている。

大宏池会構想とは、自民党内の谷垣グループ(有隣会)が麻生派(為公会)と合併し、さらに岸田派(宏池会)とも合併することで大宏池会という現在の最大派閥である細田派(清和政策研究会)に匹敵する大勢力を誕生させるというもくろみのこと。

一部では、民進党との二大政党体制を目指すのではなく、55年体制のように自民党内の派閥間で切磋琢磨し政権を取り合う体制をつくるべきだと麻生氏が考えてのこと、と報道されたが、それはあくまで表面的な話だ。

麻生氏の真の狙いについて、自民党関係者が説明する。

「麻生さんは、もし大宏池会が誕生した日には現宏池会の親分である岸田文雄外相がトップに立ってもいいと言っているんです。先般、麻生派は甘利明議員を招き入れましたが、あれには深い意味が隠れている。『うちには甘利のような大物が入ったけど、大宏池会が誕生すればあなたがトップに立っていいんだよ』というメッセージを岸田さんに送ったと言えるのです。麻生さんの真の狙いは、森喜朗元首相のような、裏で物事を動かすキングメーカーになることにほかなりません」

大宏池会構想に前のめりなのは佐藤勉元総務相らだ。その狙いは何なのか。

「佐藤さんは麻生政権下で総務大臣にしてもらったことで麻生さんに恩を感じている。実質的には麻生派の一員です。いま大宏池会構想に向けて若手議員を集めて勉強会をやったりしていますが、そのことは岸田さんにも内密にしている。もちろん岸田さんは気づいていますが」(同)

「安倍後」を狙う面々の動きが活発化しはじめている。

全文を読む







コメント

  1. 1: さすらう自由人 2017/04/08 22:08:14 ID:4a1570e54

    ウラで動くZ軍団消費税10パーあー恐ろしや