野田元総理「長島議員の離党と都議選の動きは関係ない。細野議員を排除した事実はない。」

170417-004

野田幹事長の離党関連の主な発言

都議選での離党者が止まらず長島昭久議員も離党したことについてどう対処していくのか

野田「あの都議選の候補者の離党に対する対応はあくまでやっぱり都連のテーマだと思いますので、倫理委員会などで検討している結果を注視していきたいと思います。都議選で離党者が出る動きと長島氏の離党とは直結してるとは思いません

細野豪志議員の代表代行辞任で党内から蓮舫代表の求心力の低下を指摘・懸念する声が出ているが野田幹事長はこれをどう受け止めどう対応していくか

野田「細野さんについては残念ながら辞職願が出ましたので、先般の執行役員会で代表が受理するということになりました。大変残念なことだと思います。ただ細野さんもおっしゃっていましたけれども、執行部からは降りるけれども一議員としてきちっと蓮舫体制をサポートしていきます、というお話もされていましたので(中略)党の幹部は降りたとしても引き続きサポートをお願いしていきたいと思います

長島議員の離党や細野議員の党役員辞任を見ていると民進党に許容性がなく排他的な組織ではないかとのイメージが生じているが、これについてどう思うか

野田「代表代行だった人を異質なものとして排他的に扱うってことはあり得ないじゃないですか。そして長島氏についても、文科の筆頭理事としてお願いをし、排他的に扱ってきたということはないと、我々は思ってるんですよね。その受け止め方が違うとするならば、それがどこにあったのかということは真摯に考えなければなりませんが、排他的に弾いてきたという認識は基本的にはない、です
全文を読む

そりゃだって、民進党に勝つ気がないんだから仕方ないよな。上がちゃんと引っ張らないと、バラバラに私利私欲になるのは自然な帰結。